好きなことして三千里

私の考え、ためになること発信します!

【公務員試験】Fラン大生でも公務員試験を突破できる3つの理由

f:id:suzukizozo:20181108010438j:plain

はじめに

こんにちは、すずぞぞです。@suzuzozo          

私のツイッターでは、

Fラン生は少し不利だと、

書いてありますが、

実際不利なことだけでは、ありません。

 

有利に働く場合だってあります。

 

私の実体験をもとに書きます。

 

まず抑えてほしいのが、

長い公務員試験を乗り越えるためには

必要なこととしてモチベーション

どう保つかです。

 

モチベーション次第で勉強の質、量ともに

影響を与えます。

 

これを念頭に入れてこの先読んでみてください。

きっとモチベーション向上につながります!

 

1、失敗経験

失敗経験っていうのは何を指しているのかというと

主に大学受験です。

うちの大学の約6,7割は希望の大学に行けずに、

滑り止めとして受けた人たちが多いと

どこかの講師がいっていました。

 

だからその6,7割は大学受験に失敗しているんです。

私もその一人です。

どこのFラン大学もこの割合は変わらないのでは

ないかなって思います。

 

大学受験の失敗って本当に精神的に、

きつくつらいものです。

あの日の絶望感ってもう味わいたくない!

そんな思い公務員試験勉強をしなきゃ!!

っていうモチベーション向上つながったりします。

 

まあこれはFラン生に限らず

多くの方が持ってるかもしれませんが

下の人ほどモチベーションは高いと思います。

2、周りの目

次に周りの目です。

公務員になったとしたら、

周りから見る自分の評価が

変わります。

Fラン大生なのに?経済産業省に入省した?

 

ここのギャップが大きいほど、

周りの自分を見る目が変わります。

 

その幸福感がモチベーションの向上につながります。

 

逆に東大生が市町村の職員だったらどうでしょう?

絶対に試験受けたら内定もらえるよな。。。って思いませんか?

すごいその土地に愛着がある人なんだ!って好感度は上がります。

ですが前の例ほどギャップは感じないでしょう。

 

人はだれしも承認欲求を持っています。

誰かに認められたい!褒めてほしい!自分をよく見せたい!

これらは本能としてあると思います。

 

その承認欲求は公務員になることで

満たされるのではないでしょうか?

 

3、スポンジ効果

最後にスポンジ効果

勝手に名前つけました。

 

大学受験を成功、いい大学に進んだ人は

高校の科目を高いレベルで習得していると思います。

 

それは公務員試験の教養科目の成績に直結します。

私がはじめFラン生は不利といったのは、

この点で劣っていると考えてたからです。

でも逆に考え見てください。

Fラン生は教養科目でも覚えることが多いです。

多いってことは伸びしろがあります。

 

本田け、、、、、、じゃない

じゅんいちダビッドソンのいう「のびしろですねぇ~」

 

おそらく模試の成績にも出てくる人は出てきます。

 

1回の模試

秀才  40点満点中23点

Fラン 40点満点中17点

 

2回目

秀才  40点満点中25点

Fラン 40点満点中23点

 

1回目と2回目比べてどちらのほうが、

モチベーションあがりますかね?

 

2点伸ばして25点。6点伸ばして23点

 

前者のほうが最終の成績は高いです。

ですが、後者のほうは6点も伸びた!

自分のやってたことに自信が持て、

もっと勉強頑張ろうという

モチベーション向上につながりませんか

 

みなさんはどう思うでしょうか?

終わりに

よくもともとの頭の出来が違うから、

私は勉強ができないっていう方をよくいますが、

あながち間違いではないです。

 

もともと遺伝子が違うんだから、

そこには差が生まれます。

当たり前なことですよね。

 

でもそれって要は1回で覚えれるか

2,3回やって覚えれるか違いだと思ってます。

 

すぐに理解して頭に入る人と

1回目で何となく理解して、

2,3回目で覚えれる人。

 

正直私は、

公務員試験ではもともとの頭の良さは

多少関係あるかもしれませんが、

あまり気にしなくていいと思ってます。

 

1回で理解できる人間(秀才)でもだれしも忘れます。

理解→忘れ→理解→忘れ→理解定着。

 

 

2.3回で理解する人(凡才)はこのサイクルが少し長いだけ。

理解→忘れ→理解→忘れ→理解→忘れ→理解定着。

 

復習1回するかしないか違いです。

 

決して難しいわけではないんです。

反復練習するだけです。

 

要は筋トレと一緒です。

これは講師の方の受け入れですが、

筋トレ→筋肉繊維が切れる→筋肉が回復(前より強くなって)

 

この繰り返しです。

 

どんだけ太く、しなやかで、力のある筋肉がつくれるか。

 

勉強も筋トレも考え方は変わりません。

 

いかかですかね?

モチベーションを保つ、向上させて

また、勉強にに励みましょう!

 

Amazon CAPTCHA