好きなことして三千里

私の考え、ためになること発信します!

文字よりマンガや画像のほうが相手に伝わりやすいか知ってますか?

 

f:id:suzukizozo:20181106210453j:plain

 

こんにちは

すずぞぞ(@suzuzozo )です。

 

みなさん文字よりマンガ・画像のほうが、

わかりやすくて、

頭にはいるよね。

 

偉人の伝記は読みたくないって思うけど、

偉人の伝記をマンガにしてみたら

読んでもいいかなーって思うよね!

 

マンガのが

イメージがしやすい

文字がすくない。

わかりやすい

様々な理由あるかなーって思う

f:id:suzukizozo:20181106212045p:plain

f:id:suzukizozo:20181106212024p:plain

 

 

実は画像のが伝わりやすいかって

ちゃんとした理由があるんだ。

 

人間の歴史をひも解けばわかるんだ!

 

狩猟採取時代人間

このブログでは何回も出てきている単語だね。

 

狩猟採取時代

 

この時代は

私たち(ホモサピエンス)の歴史の

約9割を占めているんだ。

私たちの祖先は野生動物を飼ったり、木の実を採取して

自給持続の生活が長かったってことだね。

 

この時代を生き抜くために

人間は進化していった。

 

実はこの時代を生き抜くために

脳にはあるクセのようなものが、

ついて現代にも脈々と受け継がれているのだ。

 

例えば、

生物は子孫を残す。生き残る。

ていうのが本来の目標だよね。

 

狩猟採取時代を生きるために必要なものってなんだろう?

命を落とす出来事ってなにがあるかというと

高いところから落ちる、ヘビやクモの毒

おぼれて死ぬなどだ。

 

一方、現代の自然死以外の死因は

自動車、刃物、銃などなんだ。

 

現代人の精神病で特定恐怖症ってのがある。

その恐怖症の多くは高所恐怖症やヘビ恐怖症などが多い。

 

狩猟採取の死因がほとんどなんだ。

一方、自動車、銃の恐怖症もあるが、

高所恐怖やヘビ恐怖症には及ばない。

 

まだ脳が本能的にそれらが怖いと

思い続けているのだ。

 

これが脳のクセの例。

 

言語の歴史

ここからが本題で、

言語ていうのは音声と文字の2種類がある。

 

音声は約20万年前にはすでに

本能として使いこなしていた。

 

その後に音声を補助する役割として

絵や図が出てきたんだって!

(諸説あります)

 

文字はというとせいぜい5000年前だったんだ。

 

すごい昔から音声や絵を使っていたから、

脳に音声や図がわかりやすいっていう

クセがついたんだ。

f:id:suzukizozo:20181106211845p:plain

 

 

 

だから、人は本能的に絵や図がわかりやすく思えるんだ。

マンガがわかりやすいのも、同じ理由だね。

 

文字は練習の賜物

文字っていうのはいわば、後付けなんだ。

 

本能的に音声や図を理解できる脳を持っている。

そこから派生して、文字が生まれた。

 

会話や話すことはできるけど、

文字が書けないっって人は多い。

 

また、会話は学校で習わないけど、

ひらがな、漢字などの文字は

学校で習うよね。

 

 

 

それはもともと話す能力は

人に備えつけられてるけど、

文字を書く能力は備え付けられてないからなんだ。

 

まとめ

以上豆知識でした。

文章の下手でうまく伝わらなかったかもしれないですね。

反省します。。。。

 

それではまた。